• 福岡市博多区南八幡町2-3-10
  • 092-581-1716

後頭部・首の痛み

後頭部・首の痛みについて

後頭部・首の痛みのイメージ画像

個人差はありますが、人間の頭部は5~6㎏もあり、これを支えている頸椎や筋肉にはその数倍もの負担がかかっています。首が前後左右に動くことにより、頭部のバランスをとっています。いきなり強い負荷がかかってしまうと、首や肩の筋肉、頸椎を痛めてしまう事がよくあるのです。また、加齢に伴って骨や筋肉が衰えてくると、慢性的な負担が蓄積されていき、痛みが長引くこともあります。このようなときは、お早めに当院をご受診ください。

このような疾患がみられます

頸椎症(頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症)、寝違え、むち打ち症、頸椎症性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア など

頚椎症(頚椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症)

中高齢者の中には、肩こりや肩の痛みにお悩みの方が多くいらっしゃいます。その大きな原因のひとつが頚椎症です。頸椎症は、頸椎の変形や椎間板の変性によって引き起こされる疾患です。頸椎症が進行すると、頚髄や神経根が圧迫されて傷ついてしまい、頸椎症性脊髄症、頚椎症性神経根症になることもあります。両方とも障害をうけて、頚椎症性脊髄神経根症を来す場合もあります。

頸椎症の主な症状

首の痛み、肩こり、腕のしびれ、手のしびれ、筋力低下、脱力感、疲労感、冷え、発汗異常、手指のこわばり、めまい、運動障害、歩行障害、排尿障害、排便障害 など

頸椎症の治療

頸椎症になると、首を後ろに反らせたり、首をかしげるような動作時に痛みやしびれが強まります。これらの症状は当該部位の神経を圧迫することで起こりますので、まずは神経を圧迫させないための治療が必要になります。具体的には、頸椎の周囲を保護するための頸椎カラーを装着します。さらに、お薬によって痛みを抑えたり、筋肉のこりを和らげたりします。痛みが長引いている患者様には、ブロック注射を取り入れることもあります。これは、後頭部下の首すじにある痛みのポイント(筋肉あるいは神経)をめがけて、少量の局所麻酔薬を注入する治療法です。期間をあけて2~3回繰り返して注射することにより、だんだんと炎症が治まることが期待できます。

診療時間
※ 昼休み 12:30~14:30
※ 脊椎脊髄外科は月、火の午後は手術
外来休診日:土曜午後、日曜、祝日
脊椎・脊髄外科
リハビリテーション科
内科
日祝
9:00~12:00
(受付11:30まで)
14:30~17:00
(受付16:30まで)
院長
隈元 真志
診療内容
脊椎・脊髄外科/内科/リハビリテーション科
電話
092-581-1716
住所
〒812-0886 
福岡県福岡市博多区南八幡町2-3-10
最寄駅
JR南福岡駅から徒歩8分、
西鉄雑餉隈駅から徒歩9分
SNS
  • Instagramアイコン
  • LINEアイコン