• 福岡市博多区南八幡町2-3-10
  • 092-581-1716

歩行障害

歩行障害について

歩行障害のイメージ画像

足や腰のしびれなどによって上手く歩けなくなることがあります。中高齢者の場合、「歩き始めはとくに問題なく歩けるのだけれど、しばらくすると足や腰がしびれてきて、歩き続けられなくなる」、「歩行時にバランスを崩して倒れそうになる」などのお悩みをお持ちの方も少なくありません。脊椎由来の症状を放置していると、病状が進行し、治療が難しくなることがあります。歩行障害を自覚されたときは、お早めに当院をご受診ください。

このような疾患がみられます

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性すべり症、腰椎変性側弯症、骨粗鬆症性椎体骨折、頚椎後縦靭帯骨化症 など

リハビリが
重要です

歩行障害がみられたときは、X線検査、CT、MRIなどを行って原因を特定し、それぞれの疾患の治療を行います。その際には、リハビリテーションを効果的に取り入れることが大切となります。病気や障害、加齢、手術などに伴う身体機能の低下を食い止めるため、理学療法、作業療法などを行います。これらの治療を通じて身体機能の回復・改善を図り、日常生活や社会生活への早期復帰を目指すのです。

ところで、皆さまの周りにも、リハビリを受けられた方は結構いらっしゃると思います。その方々から、「痛い方向に関節を動かす運動などをさせられ、とても辛かった」などの意見を聞いたこともあるのではないでしょうか。リハビリは、関節などに障害のある方に対し、その機能の改善を目指すものです。手術などでしばらく動かせなかった部位をそのままにしておくと、関節の拘縮が常態化し、その後の日常生活にずっと悪影響が出かねません。従って、痛い方向に関節を動かすことは医学的に大きな意味があるのです。当院では、患者様ごとの病態を評価してご希望をしっかりとお聞きし、その中で最善の療法をご提案し、リハビリテーションを進めております。

リハビリが必要となる主な症状

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれている
  • 手足が思い通りに動かない
  • 腰を動かそうとすると痛みが出る
  • 立ち上がったり、歩いたりすると膝が痛む
  • 支えがない状態で立ち上がると、ふらついてしまう
  • 様々な関節の可動域が狭まっている
  • 筋肉が萎縮しているように感じる
  • 身体を動かすと痛みが走る
  • 食事中にむせてしまうことがある

など

診療時間
※ 昼休み 12:30~14:30
※ 脊椎脊髄外科は月、火の午後は手術
外来休診日:土曜午後、日曜、祝日
脊椎・脊髄外科
リハビリテーション科
内科
日祝
9:00~12:00
(受付11:30まで)
14:30~17:00
(受付16:30まで)
院長
隈元 真志
診療内容
脊椎・脊髄外科/内科/リハビリテーション科
電話
092-581-1716
住所
〒812-0886 
福岡県福岡市博多区南八幡町2-3-10
最寄駅
JR南福岡駅から徒歩8分、
西鉄雑餉隈駅から徒歩9分
SNS
  • Instagramアイコン
  • LINEアイコン