• 福岡市博多区南八幡町2-3-10
  • 092-581-1716

足のしびれ

足のしびれに
ついて

足のしびれのイメージ画像

足のしびれは、様々な原因によって起こります。例えば、長時間の正座では、一時的に血流が悪くなり、いわゆる「足がしびれた状態」となりますが、軽く足をマッサージするだけで症状は治まります。また、足の外傷などに伴って引き起こされるケースもあります。このようなしびれは、患者様自身にも原因が分かりやすいのですが、そのほかにも、腰部の疾患によって足がしびれるケースがあります。腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の場合、当初は多少の違和感を覚える程度だったとしても、徐々に悪化し、下半身全体に影響が及ぶことがあります。

このような疾患がみられます

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症 など

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、腰部の椎間板や関節が加齢によって変性してしまう疾患です。椎体がずれたり、骨棘化したりするので、脊柱管が狭くなってしまい、脊髄や馬尾、神経根が圧迫を受けます。これに伴い、足がしびれてきたり、間欠跛行が起こります。外出した当初はとくに不都合を感じないのですが、しばらく歩き続けると痛みが走ってしまい、歩き続けられなくなります。初期の段階ならば、しばらく安静にしていると、再び歩けるようになるのですが、病状が悪化すると、歩行そのものが困難になります。そのほか、腰の辺りが腫れて熱をもつこともあります。

腰部脊柱管狭窄症の原因・治療

腰部脊柱管狭窄症の主な原因は「加齢に伴う変性」なのですが、それ以外にも、外傷、腰椎分離症、先天的な疾患、骨代謝疾患などによって発症することもあります。患者様の症状を診察し、X線検査、CT、MRIなどで診断をつけます。必要に応じて脊髄造影撮影などを追加することもあります。

まずは保存療法で対応します。具体的には、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬などによる薬物療法、コルセットを装用する装具療法、神経ブロック注射、運動療法、物理療法などを行います。こうした治療だけでは効果が得られないときは、手術療法が必要になります。

診療時間
※ 昼休み 12:30~14:30
※ 脊椎脊髄外科の月、火は手術のためお待たせすることがあるかもしれませんがご了承ください
外来休診日:土曜午後、日曜、祝日
脊椎・脊髄外科
リハビリテーション科
内科
日祝
9:00~12:00
(受付11:30まで)
14:30~17:00
(受付16:30まで)
院長
隈元 真志
診療内容
脊椎・脊髄外科/内科/リハビリテーション科
電話
092-581-1716
住所
〒812-0886 
福岡県福岡市博多区南八幡町2-3-10
最寄駅
JR南福岡駅から徒歩8分、
西鉄雑餉隈駅から徒歩9分
SNS
  • Instagramアイコン
  • LINEアイコン